夏期講習活用術

「夏期講習活用術」の復習のページです。


復習は理解を深め、記憶に残る

今まで習ってきたことを復習することで、自分が理解しているのかいないのかがはっきりと分かります。また、復習をすることで学習内容が強く記憶に残ります。そもそも学校で宿題を出すのは、復習して欲しいという思いからなのです。復習する方法は、単元ごとに行うのが分かりやすいでしょう。ほとんどの教科書は目次を見ると、単元ごとにまとめられています。教科書の目次を見て、自分の苦手な分野や得意な分野を見つけましょう。そして、それに合った講習を選べば良いのです。しかし、英語のリーディングや現代文は、学習内容が一つの単元で複数あります。文章を読むことで、様々な学習を行っている為です。これらは、『文章理解』という一つの大きなくくりで一つの分野とするのが良いでしょう。暗記事項は継続的に復習する必要があります。何度も繰り返し復習する必要のあることは、夏期講習の段階で自分なりに単語帳や文法帳、公式帳等のようにまとめ、いつでも見ることができるようにしておくのが良いでしょう。こういった、繰り返し復習する必要のある事も夏期講習では教えてくれるでしょう。講師が一覧を作ってくれたり、塾や予備校がテキストにまとめてくれることもあるので、これはとても便利ですし手間も省けます。復習をし、分からなかった所を分かるようにすることは、その問題も解決しますし、今後の問題も解けるようにしてくれます。学習内容は単元ごとに分かれていますが、それは木の枝のように分かれているのであり、本来つながっているのです。分からないことを分かるようにしたことで、思わぬ分野も理解することができるようになったりもします。復習をすることは理解を深め、記憶にとどまらせるという効果を生んでくれるのです。

ニコンのYouTubeチャンネルが作りこまれていて良いです。

神奈川で賃貸をお探しならこちら
物件をご紹介

留学・海外大学留学のヒューマン国際大学機構
http://hiuc.athuman.com/