夏期講習活用術

「夏期講習活用術」の高校3年生のページです。


焦らず基礎固めも必要

大学受験を控え、勉強に力が入る高校三年生。高校生活を送る中で、あまり勉強をしてこなかった生徒も勉強をし始めます。今までコツコツと勉強をし続けていた生徒は、目標を定めて過去問題を解いたり、学習は実践へと進みます。問題を解きながら、苦手な部分を発見し、克服していくのです。また、暗記する必要のある事項は時間のある夏休みに自分なりにまとめておくと、後で見返すのに便利です。しかし、大学受験は高校生活の中で習ったことを基本に試験問題が作成されているので、残りの高校生活で習うものも含んでいます。こういった未学習範囲を先に学んでしまうのも一つの手かもしれません。一方、今まで勉強をあまりしてこなかった生徒も夏休みを利用して勉強に励みます。今まであまり勉強をしてこなかった分、分からない所を見つけ、一つ一つ解決していかなくてはなりません。しかし、焦る必要はありません。遡りながらの勉強になりますが、それが過去の学習の復習となるからです。夏期講習では多くの生徒が苦手としたり、つまずきやすい点に絞った講習というものがあります。無理に過去問題を解いたり、応用問題へ挑戦したりするのではなく、基礎を固めておく事が二学期からの学習へのステップとなり、大学受験へとつながります。夏期講習を利用することで、学校の友人だけではなく、同じ目標に向かって勉強している生徒と出会います。ライバルではありますが、お互いに切磋琢磨して学習していければ目標に近づいていくはずです。

http://www.miniyoko.co.jp/
横浜の賃貸をさがす