夏期講習活用術

「夏期講習活用術」の高校2年生のページです。


勉強を疎かにしないように

高校生活にもすっかり慣れ、部活動や課外活動に力を入れている高校二年生。勉強はしてはいるものの、何となく続けているだけの生徒も多いはずです。分からない所もだんだん増え始め、得意な教科や苦手な教科がはっきりとしてきます。高校二年生で習う教科と学習内容は高校生活で一番多くなります。二年生の時点で文系か理系かを決め、学習する高校もありますが、高校には学習する必要のある科目と時間数が決まっています。今後、大学受験の勉強をするのに必要でない科目も学ばなければなりません。大学受験に必要がないからといって、全く勉強しないと社会人になった時に困ります。目先の目標に縛られ、勉強するのをやめてしまうのはもったいないことです。勉強する機会が与えられている時は、「何でこんなに勉強しなくてはならないのか」と嘆いてしまいますが、勉強する必要性に迫られた時に、授業や講習のありがたみを感じることでしょう。部活動や課外活動以外の時間帯を利用して勉強すれば良いのです。高校二年生を対象とした夏期講習は夕方に行われることも多いので、こういった講習を受ければ問題ないはずです。高校二年生の段階で、苦手分野を克服しておけば、高校三年生になった時に焦って復習する必要もなくなります。勉強以外の生活に楽しみを感じる高校二年生ですが、勉強も疎かにしないように夏休みを過ごしましょう。勉強に不安を感じたままの高校生活では、本当の意味で楽しむことができないのですから。