夏期講習活用術

夏期講習なら「夏期講習活用術」へ!


夏期講習を利用する訳

学校では卒業する為の科目数と時間数が定められている為、時間割に沿って授業が行われます。その為、授業は教師の一方的な進行により行われます。この時間割と教師のスピードに合った学習を生徒は受身で行っている訳です。分からない事や苦手だと感じる学習分野があったとしても、学校では授業はたんたんと進められていきます。こういった学校の授業とは異なり、夏休みを利用し、生徒の希望に合わせて授業を行うのが塾や予備校での夏期講習です。自分が分からない事や苦手だと感じた分野を復習する授業であったり、志望校の過去問を解き、解説をしてくれる授業であったり、塾や予備校は生徒のニーズに合うよう様々な講習を用意しています。夏休みは、学校の授業が一度止まります。そして、その間に勉強するかしないかは生徒に委ねられています。その為、夏期講習を利用してしっかりと学習を行った人と全く学習をしなかった人との間に、大きな差が生じるのです。一カ月という短い期間ではありますが、春休みや冬休みに比べ、自分自身に合った学習を行える貴重な期間です。夏休みが終わり、学校での授業が再開した時に、苦手分野克服のための勉強をしたり、得意分野を強化する為の勉強を行おうとすると無理があります。何故なら、普段の授業の予習・復習に費やす時間、授業以外の学校行事に費やす時間で一日の時間が埋まってしまうからです。また、学校が休みの土日で学習しても、一週間を挟むと忘れやすくなります。その為、短期間に集中して、自分がやりたい学習を行うのに、夏期講習が適しているのです。また、普段一緒に学んでいるクラスメイトとは異なる人と共に学ぶことで、新たな刺激を受け、勉強する意欲をかきたてられるかもしれません。

まるいち 炭火焼き鳥のグルメ情報はこちら